勤務先の病院の規模によるお給料の差

看護師として資格を取得すればどこの職場で働くかという点が新たな問題点になります。 総合病院や大学病院など、病床数20以上の大病院になると交代勤務となることが多いです。これは24時間体制で患者さんのケアに当たるためです。 病床数20以下の病院は一般的に診療所やクリニックとされていますが、交代勤務の場合と日勤で帰れる場合の2種類があります。 病院が大きくなればなるほど患者さんの数は多くなりますし、仕事に拘束される時間も多くなるのでそれだけ給料も多く貰えるようになると定義されます。 病院の規模によって給料にも差が出るというのは当然の範囲なのです。 ただし、病院の規模が小さくても交代勤務であれば相場以上の給料は期待できます。これは深夜手当が加算されるためです。また、休日に呼び出しがあることもあるので、休日手当がついたりと、仕事の量によって給料に差が出ると考えた方が良いでしょう。 また、地方の大病院と都市部の大病院とでも給料の差は生じてしまいます。都市部の方が救急患者が搬送される回数も多いですし、看護師として高いスキルも求められるためです。 大病院で働く方が給料が高いというのは統計によっても分かっています。厚生労働省が毎年行っている賃金構造の調査では1000人以上の従業員がいる病院では100人未満の小規模病院に比べて年収で70万円から100万円ほどの差が生じるということです。 毎月の給料というよりも賞与の部分で大きな差が生じるようです。ただし、これは女性看護師に限ることで、男性看護師の場合には100人以下の小規模病院の方が年収が良いことも分かっています。 大規模病院の場合は看護師としての仕事も細かく細分化されています。それに比べると小規模病院は一人でいくつもの仕事をこなさないといけない場面が多いので、勤務スケジュール等も柔軟に対応していかなければならないのです。 男性看護師の場合、子育てや家庭の事情があって仕事をスムーズに行えないということも少ないので、小規模病院では優遇されるのかも知れません。

Posted in 看護師の給料の差 | Tags: , , , , , | コメントは受け付けていません。

看護師と准看護師でどれくらい給料に差があるか

看護師には准看護師と正看護師という2種類が存在しています。 准看護師は都道府県知事資格のため、中学を卒業した段階で資格取得を目指すことが出来ますが、正看護師は国家資格のため、難易度も高くなっています。 准看護師と正看護師で仕事内容にそれほどの差はありませんが、正看護師が婦長や看護部長になれるのに対し、准看護師はなれないといった職務の差があります。 仕事内容に差はあまりないのに正看護師と准看護師とでは給料に差があるのかという疑問についてですが、これは実際にはあると言わざるを得ません。 准看護師よりも正看護師の方が1割から2割多く給料を貰っているという実例もあり、将来的なことを考えるとやはり正看護師を目指した方が良いと言えるでしょう。 肉体的にも精神的にも准看護師と正看護師はあまり変わりがありません。中学校を卒業して働きながら看護師という資格を取得した方でも実務経験に応じて正看護師資格を取得することが出来るので最終的に目指すと言う方が多くいます。 正看護師の中でも勤務地や働く科によって給料の差が生じてくるようです。地方は都市部に比べると同じ役職でも安く給料が設定されていますし、重度の精神疾患がある患者専門の病院などでは看護師にも特別手当がつくということもあります。 最近では看護師でもパートやアルバイト、または派遣といった働き方を選ぶ方も多くいて、時給換算されることも多いので一概には言えませんが、看護師という仕事のハードさを考えると給料は高く設定されていて当たり前だとも言えます。 一般の事務職よりも高く思える給料ですが、仕事内容と合っていると考えられるので給料の面だけではなく、総合的な判断で看護師という職を見るようにしましょう。 准看護師から正看護師の資格を取得して転職すればその分給料はアップすると考えられます。スキルアップによる転職は多くの看護師が行っていることなのでしっかりと検討してみましょう。 正看護師の資格取得で給料アップ

Posted in 看護師の給料の差 | Tags: , | コメントは受け付けていません。

学歴による給料の差

看護師の給料で気になるのが学歴による差はあるのかという点です。答えとしてはほとんどないと言えます。 例えば中学校を卒業し、准看護師として働きながら学校に通っている人と、大学を卒業し、正看護師として働いている方とではそれほどの給料の差が生じていないのです。 例を挙げると大学卒業して看護師になった方の平均給料が25万円程度なのに対し、高校卒業後、専門学校に通い看護師になった方の平均給料は24万円程度、准看護師の場合でも23万円程度と1万円から3万円程度の差しか生じていないことが分かります。 あくまでも平均なのでこれに地域差や年齢差が加わりますが、同じ年齢で同じ勤務年数であれば学歴によって差は生じないと考えておいて良いでしょう。 ですが、大学卒業の場合にはそれまでに培った知識があります。その知識を生かして専門看護師や認定看護師といった資格を取ることもできますし、更なる上の職種である看護師師長や部長を目指すことも可能なのです。 もちろん専門学校卒業でも准看護師の方でも目指すことは可能ですが、大学卒業の方よりは時間がかかると言えるかも知れません。 また、病院によっては学歴によって毎月の給料ではなく、賞与の面で差が出る可能性があります。自分以外の方の賞与の額を聞くことはなかなかないと思いますが、10万円程度差があることもあります。 それに地域差や病院の規模なども関わることになるので、全国平均で総合的に見れば学歴があった方が看護師としても有利だと言わざるを得ないかも知れません。 しかし、病院の規模が大きくなればなるほど看護師としての仕事は大変になります。患者さんもひっきりなしに運ばれてきますし、症例が重い場合も多いです。 看護師としてのスキルは向上しますし、給料も上がる訳ですが、精神面、肉体面においてきつい部分もたくさんあるのでその点は考慮しておきましょう。 看護師とは常に命と向き合っての仕事になります。しっかりとした志を持って臨むようにしましょう。

Posted in 看護師の給料の差 | コメントは受け付けていません。

地域による給料の違い

看護師は給料が高いというイメージが強いですが、それも地域によって若干の差はあるようです。 看護師の給料が高い地域は関東、関西、東海となっていて、低い地域の看護師の給料と比べると10万円程度も差があるようです。しかし、これはどの職種でも言えることだと思います。 関東や関西などの都会に行けば家賃も高くなりますし、物価に多少の違いもあります。診療費等も違ってくるので地域差が生じるのは当たり前のことなのです。 反対に考えると給料に地域差がないとその地域で暮らしていくのは難しいとも言えます。 看護師の給料差が本当に生じるのはやはり役職がついたり、資格を取ったり、何かしらの付加価値が付いた時だと言えます。 関東、関西、東海など都市部の給料が高いのには他にも理由があります。それは緊急搬送される割合が高いためです。その為、病院は24時間体制になっていることが多く、それに伴って看護師も24時間勤務、交代勤務となることが多いのです。 交代勤務になれば深夜手当がつくので当然給料は高くなります。大病院になれば深夜でもひっきりなしに救急患者が運ばれてきます。それに即座に対応しなければならないので、給料が高くても精神面、肉体面で過酷な状況になることも多いのです。 都市部でない地域にも24時間体制の大病院はいくつもありますが、緊急搬送の数は比べ物にならないと言えます。その分給料は安くなりますが、看護師として働くのであればどちらが良いかという点をしっかりと考えるようにしましょう。 決して楽ではない仕事ですが、やりがいは非常に感じることが出来ると思います。 給料を見る点としては、総合給料も重要ですが、福利厚生や保険の面もしっかりと見ておいた方が良いと思います。給料が多少安くても福利厚生がしっかりとしていればその分還元されますし、保険の面でも将来的にみるとお得になることも多いので、働く前にはそういった面も考慮しておくようにしましょう。 看護師求人サイトの評判とクチコミ 看護師の求人情報サイトのクチコミ

Posted in 看護師の給料の差 | コメントは受け付けていません。

役職・職位による給料の違い

看護師の給料体制は気になる点の一つですが、役職・職位による違いはあるのでしょうか? 答えは簡単に言うとイエスになります。 役職・職位がつけば役職手当、職位手当というものが付加されるためです。もちろん専門看護師や認定看護師の資格を取ることによって資格手当というものも与えられるようになります。 役職・職位がつくことによってどの程度給料に違いが出るのかという点については、病院の規模によって違うと言えます。 総合病院や大学病院など役職・職位がつくことによってかかる責任の量が多くなる場合にはその分給料も上がると考えてよいでしょう。一方で小規模病院や街の診療所等で例えば婦長などの役職が付いたとしても婦長一人にかかる責任というのはそれほど重いものではなくなります。同じ婦長という役職でも給料の違いが出てきてしまうのです。 また、看護師の場合、勤務年数によっても給料の違いが生じると言えます。勤続10年で婦長になった方と勤続20年で婦長になった方とでは10年という勤続年数の違いがあるのでその分、給料に差が生じてしまうのです。 何の役職もついていない看護師の方でも3交代であれば深夜手当等が加算されるので給料は月に30万円を超えると言われています。つまり、それに役職・職務手当がつけば40万から50万円となることは間違いないと言えるでしょう。 総合病院になると月収で100万円近く稼ぐ方もいるほどです。 時給の高い看護師のパート・アルバイトの求人 http://arubaito-kangoshi.net/ 看護師の給料が高い職場ランキング http://www.kokemomosan.com/ 看護師はこの高収入が魅力の一つになっていますが、それに伴って仕事も非常にきつくなっています。役職・職務にかかる責任も一般的な仕事とは比べ物にならないほどなので、給料の高さだけにとらわれずに総合的な判断で看護師という職を考えてみると良いでしょう。 常に命と対面して、精神的にも肉体的にも強くならなければならない部分もあります。しっかりと命という点を考えた上で給料面も考えてみて下さい。 看護師の役職別の給料差 看護師に関わる各種制度

Posted in 看護師の給料の差 | Tags: , , , , | コメントは受け付けていません。


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.